MENU

食事量を減らせば摂取カロリーも減ってから痩せられる?

食事量を減らしたら痩せられるけどリバウンドしやすい

 

リバウンド

人は食べ物から栄養を吸収して生きています。消費されるカロリーよりも、摂取するカロリーが多ければ、余った分だけ脂肪としてカラダに蓄えられることになります。これは人間の歴史も関係していて、消費カロリー以上に摂取することが難しい時代が長かったことから、余分なカロリーはカラダに蓄えて万が一の時に備えるようになったと言われています。

 

食べる量が多くても消費するカロリーが大きければ、カラダに蓄えられることなく使い切ることになります。摂取カロリーよりも消費カロリーが多い場合は、カラダに蓄えられている脂肪を分解してエネルギーとして利用されることになります。だから食事量を減らして痩せようと思うのは当たり前のことですね。

 

確かに食べる量を減らして一時的に痩せる人はたくさんいます。でも食事量を減らすだけのダイエットを続けると、脂肪だけでなく、エネルギーを消費するための筋肉も落ちていくことになります。そのため基礎代謝量も減ってしまうので、より痩せにくいカラダになっていきます。

 

空腹状態が続くので、ちょっとしたきっかけでどか食いをしてしまいやすくなります。日常我慢ばかりの生活を続けるのは相当なストレスになりますし、よほど精神的に強い人でないと難しいのです。しかもダイエットをする前よりも筋肉量が落ちて痩せにくくなっていますので、食べ始めるとより太りやすくなってしまうのです。それがリバウンドとなるのですね。

 

健康を損なうデメリットもある

 

短期に痩せることに目がくらんで、食べる量を減らしてしまうと、健康に影響が出てくる場合があります。炭水化物ダイエット、糖質オフダイエットが流行っていますが、ずっと続けるのはおすすめできないです。たしかに糖質の取り過ぎは太る原因となりますし、糖分を減らすことでダイエットにつながるのですが、糖質が不足することで脳の働きが鈍くなるデメリットもあります。便秘になったりもしますし、必要な栄養素がカラダに入らないことで悪いこともあるのです。

 

必要以上に糖質を摂取していた人は、ちょうど良い量に減らすのは良いと思いますが、極端に糖質を摂取しないようにしたり、そのダイエットを長期間続けることで栄養バランスが崩れてしまって、帰って健康を崩すこともあります。肌荒れしやすくなったり、生理不順となったり、健康的に痩せられなくては、ダイエットの意味が違ってきてしまいますね。

ダイエット中に積極的に食べたい食べ物とは

ダイエットに効果があるマイナスカロリーの食材

 

マイナスカロリー食材

ダイエットと聞くととにかく食べるのを我慢するイメージがありますが、積極的に食べた方が良い食べ物があるんです。食べると摂取カロリーは増えるのが当たり前ですが、食べ物を消化するためにカロリーを消費するのです。ほとんどの食べ物は消化で消費されるカロリーよりも、摂取されるカロリーの方が多いので、トータルのカロリーは増えることになるのですが、野菜などで消化で消費されるカロリーのほうが摂取カロリーよりも多いものがあって、マイナスカロリー食材などと呼ばれています。

 

ブロッコリー、セロリ、アスパラガスなどはマイナスカロリー食材です。その他にはニンジン、タマネギ、ホウレンソウなどがあります。食物繊維が多く含まれていて、カラダに貯まっている老廃物の排出を促します。代謝を促進する効果も高くて、食べれば食べるほど健康的に痩せられる食べ物なんですね。

 

マイナスカロリー食材ではないものの、野菜は低カロリーですし、脂肪の吸収を抑えたり、燃焼をうながす食べ物もあります。エリンギやエノキ茸やなめこなどのキノコ類は、カロリーが低くて脂肪の燃焼や代謝を促してくれます。このようにマイナスカロリー食材や野菜、キノコなどを使った料理なら、空腹時に積極的に食べたい料理ですね。リバウンドしにくいダイエット食なんです。

 

低カロリーで満腹感のある食べ物

 

こんにゃくステーキ

ダイエットをしている時に一番のストレスは空腹感ですよね。この空腹感との戦いこそがダイエットの成功のつながるとも言えます。この空腹感に負けて高カロリーの食べ物をどか食いしてしまったら、ダイエット失敗と言えますね。

 

でも同じカロリーの食べ物にも、満腹感を得られるものと得られないものがありますよね。食べても食べても満足できないとドカ食いまっしぐらです。空腹感を紛らわすためには、低カロリーで満腹感のあるものが近くにあるといいですね。

 

こんにゃくや寒天は有名ですが、そのままだと満足感はそれほど得られません。カロリーが低くて、腹持ちがいいのは分かりますが、味を考えないと満足できないことが多いですね。ラーメンの代わりにこんにゃくラーメンって有名ですが、今ではしょうゆ、味噌、とんこつなどいろいろな味のスープで楽しめます。こんにゃく味が強くなくいものもありますし、スープも糖質が少ないものも出ていますので、いろいろとチェックしてみるといいですね。食物繊維も豊富ですし、おすすめの食材です。

 

噛む回数が多くなる食べ物も満腹感が出やすいのでおすすめです。するめなどはおやつにもいいですね。タンパク質も豊富なので、筋肉量を増やすのにもいいですし、糖質も少なく、安心して食べられるダイエット食ですよ。

肉も野菜もバランスが大事

タンパク質が足りないと筋肉が落ちてしまう・・・

 

鶏肉

ダイエット中に肉を食べないようにしている人が多いですけど、必要以上に食べ過ぎなければ肉は食べても大丈夫です。脂身の多い部位はなるべくさけたほうがいいですが、肉はタンパク質を補給することになりますので、筋肉を作る基になるのです。ダイエットで有名なライザップでも肉類は積極的に録りたいと言っています。痩身エステでもどうせ食べるなら、鶏肉のささみを食べましょうとアドバイスしていますからね。ささみ肉や胸肉は、低カロリー高タンパクの食材の代表格です。

 

ダイエットエステ

 

赤身の肉にはビタミンB群やL-カルニチンも豊富に含まれていますので、脂肪を燃焼しやすくなります。霜ぶり肉をお腹いっぱいでなければ、肉はぜんぜん食べても良い食材ですよ。

 

魚に含まれる不飽和脂肪酸がいい!

 

肉だけではなく、魚もタンパク質を補給するのに必要な食材です。肉や魚を必要なだけ食べて筋トレに励めば、筋肉質のカラダへと変わっていきますから、基礎代謝量も増えて痩せやすいカラダへ変わることができます。痩せやすくて、太りにくいカラダを作るポイントが肉や魚なんですね。

 

さらに魚には不飽和脂肪酸が含まれているので、ダイエットにおすすめなんです。油の一種ですが、代謝を促進してくれる油となります。揚げ物の油は取り過ぎが問題になりますが、不飽和脂肪酸は血液中の脂質やコレステロールを押さえる効果がありますので、サラサラの血をつくるためにも積極的に録りたい食材です。

 

ダイエット中は何を食べるかを意識して

 

ダイエットをしていると、とにかく食べる量を減らすことばかりに気が向いてしまいますが、バランスを気にかけるほうが大事なんですね。量をたくさん摂ることがいいわけではないですが、食事量を減らすことで必要なものを食べない方が問題になります。健康に悪影響を与えますし、無理な食事制限は続きませんし、リバウンドしやすいカラダとなりますから、長期的に見るとマイナスになるんですね。苦しい思いをしてダイエットに効果がないのではガッカリですよね。

 

マイナスカロリー食材、腹持ちのよい食べ物を知り、肉や魚をしっかり摂って、健康的に痩せるのが理想的ですね。